労働局次世代育成支援対策法に基づく
「一般事業主行動計画」
富士パン粉工業株式会社行動計画

【行動計画策定の趣旨】
 富士パン粉工業株式会社では、従業員一人ひとりの成長が顧客満足と企業の発展に繋がるとの考えから全従業員の仕事、家庭、地域社会においても健康で充実した生活を送る為の環境作りが大切と考えています。
育児に携わる従業員にとっても働きやすい環境の実現や、地域に貢献できる企業の実現を目指し行動計画を策定しました。

≪目標1≫ 産前産後休業や育児休業・短時間勤務など育児休業規程制度の周知や休業給付の情報提供を実施する。
≪対 策≫ @ 育児休業規定の法改正等を社内ネットワークや掲示板を利用し周知することで制度利用の促進を図る。
A
管理・監督者の月例会議等で制度説明を定期的に行い、管理者・監督者の理解を深め、制度の利用しやすい環境作りを行う。

【計画内容】

≪目標2≫ 年間所定外労働時間・休日労働時間の削減。
≪対 策≫  @ 各部署の現状の把握と原因の分析
A 各部署の作業内容見直しや改善点の検討と実施
B 個人別残業時間管理表を活用して管理者へ改善指導
C  ノー残業デー(毎週水曜日)の導入と企業内意識啓発

【計画期間】
 平成27年4月1日〜平成32年3月31日までの5年間

≪目標4≫ 若年層に対する就職体験機会の提供
≪対 策≫ インターンシップ制度の導入により、大学、高等学校等への就職体験機会の提供と採用機会の確保
≪目標3≫ 近隣小学校の児童を対象とした工場見学会と、従業員親子のパン教室の継続実施
≪対 策≫ @ 受け入れ方法見直しや担当者の研修
A ビデオ映像等ソフトの見直し更新
B 学校担当者・参加者へのアンケートの実施
 平成27年2月10日作成