Fuji Panko Kogyo Co.,Ltd     

Topへ

会社案内へ 製品紹介へ 衛生管理へ 環境管理へ 地域交流へ お問い合わせへ

                         

小麦粉の入荷からパン粉作りは始まります。
入荷には、納入業者チェックから原料チェックなど様々な過程があります。
それは、お客様へ安全なパン粉をお届けする為のひとつです。
全ての原料をチェックした後に、小麦粉にイーストなどの副原料を加えて
混ぜ(ミキシング)を行います。
一回のミキシングの重量は小麦粉だけでも250kgにもなります。
パン生地作りは非常に重要で、季節や温度だけでなく湿度などによっても大きく
変化し、それを調節できるのも技術があってこそ。
日々の生活が違うように、生地も毎日違います。
生地は生き物なのです。
                                                  

                                 


生地が完成したら発酵をさせます。
発酵とは生地の中でイーストが活発に活動した結果、炭酸ガスが発生し、
生地が膨らむ現象の事です。パンのボリュームや食感を良くする為に行われます。
発酵は、発酵時間が短すぎても長すぎてもいけませんし、温度に大きく影響します。
その為、時間と醗酵室の室温は厳しく管理されていて、品質が常に安定される様に
なっています。
発酵後は、生地をパンの大きさを考えて分割されその後丸目られます。

                                  

丸目られて発酵ガスを抜いた後、成形を行います。
成形には様々な形があり、焼きあがりの形はここで決まります。
当社では、焙焼式と電極式の2通りの焼き方があります。
勿論、焼く工程が違えば成形も違います。
山のように盛り上がったパンにするのか、四角いパンにするのかは、
焼き方や製品や用途によって違います。

                                      


成形後はいよいよ生地を焼きます。
上記で述べましたとおり、当社では焙焼式と電極式の2つ焼く方法があります。
大きな違いは、焙焼式ではオーブンを使って火で焼いていきます。
電極式では、その名の通り電気で焼きます。
右の写真は焙焼式で、ふっくらした焼き色のついているのが特徴です。
パン粉では、カラッと揚がりパンの香ばしい風味が広がります。
電極式では焼き色が無く蒸パンのようなパンが出来上がります。
パン粉では、揚げた時の形が美しくサクサク感が楽しめます。

                               


焼きあがったパンは熱を持っている為、冷まします。
冷ました後、冷蔵庫にて水分の均一化を行います。
多くのパンは似た形、色等の外観では見分けが難しいため
パンを乗せたラックにはパンの種類やロット管理番号の記載を
行い管理します。

                                  



パン粉の大きさを決めるのが粉砕工程です。
粉砕は、回転する粉砕機によってパンを細かくします。
生パン粉は粉砕され、そのまま袋に詰められ製品になります。
乾燥パン粉、セミドライパン粉は製品の設定された水分値まで熱風
乾燥させた物を袋詰めします。
製品の水分値は製造時に測定し管理確認しております。